Information
インフォメーション

フジサンケイビジネスアイ「ヨコハマin絹フェス」が掲載されました

2019.12.24

11月24日に開催された「ヨコハマin絹フェス」の様子がフジサンケイビジネスアイに掲載されました。
是非ご覧下さい。

詳しくはこちら

※こちらの記事は、特別な許可を得て配信しているため、記事や写真の無断転載は禁止とさせていただきます。

メディアのお知らせ

2019.12.06

ワミレスチャリティーコンサートにご出演いただいているナサニエル・ローゼン氏ご夫妻が、
日本テレビ「人生が変わる1分間の深イイ話」でご紹介されます。
放映日:12月16日(月)21:00~
お時間のある方はぜひご覧ください。

WLBブログ更新のお知らせ

WLBブログを更新しました。ぜひご覧ください。

「横浜絹フェスティバル 日本の美を愛でるin横浜」

フジサンケイビジネスアイ「日本の美を愛でる」ススキが掲載されました

2019.11.27

こんにちは。

フジサンケイビジネスアイ「日本の美を愛でる」by wamilesより、10月はススキです。

十五夜の月見には、ハギ(萩)とともにススキを飾ることが多く、日本語ではススキの穂は、それを動物の尾に見立てて尾花(おばな)と呼ぶことがあり、ススキ自体もそのように呼ばれることがあります。
この「尾花」はススキおよびススキの穂を意味する古名であり、奈良時代初期の歌人・山上憶良が『万葉集』(巻八 1538)にて「萩の花 尾花 葛花 撫子の花 女郎花 また 藤袴 朝顔の花」と詠んだように、古来、秋の七草の一つに数えられています。
ススキの「スス」は、葉がまっすぐに、すくすく立つことを表わし、「キ」は芽が萌え出でる意味の「萌(キ)」だと言われています。

今回のお召し物は、白大島に葉っぱ一枚一枚を重ね合わせて、染め上げた大変貴重な手間のかかったもの。
赤橙と柿色の入り混じった深みのありながら、鮮やかな色はとても艶やかな色です。
名古屋帯でありながら、存在感のある古典柄が格をあげています。

記事はこちら

今回のメイクは、秋の憂いを漂わせながら、お召し物との色をコーデイネイトしました。
ファンデーションも赤味を出しつつ148(ローズベージュ)に149(ホワイトベージュ)を少し。
秋の季節感から、秋冬提案カラーの1色であるセピアブラン、キャンディーピンクをほのかにのせて更にハニーオレンジをプラス。チークはセピアブラウンとピンクベージュを、リップはタンゴレットを少しにヌードベージュ、フーシャピンクを混ぜた少し控えめのピンク色に仕上げました。

美容情報の更新

2019.11.05

ホームページの美容情報を更新いたしました。
是非ご覧下さい。

テーマ:老けないライフスタイルで“糖化”を防ぐ

横浜絹フェスティバル 日本の美を愛でるin横浜

2019.10.31

絹とともに発展した横浜の歴史と、絹の魅力を発信するイベント「横浜絹フェスティバル」。
ワミレスは今年も参加させていただくことになり、PRESS発表会と公募モデル審査会に行ってきました。

10月9日(火) PRESS発表会
みなとみらい 横浜ベイホテル東急25階にて、PRESS発表会が行なわれました。


今年は横浜港開港160周年。
第4回目となるこのイベントで、日本各地の絹がこの港に集まり世界に輸出された歴史を遡る様々なイベントが市内の観光スポットや百貨店など様々な会場で開催されます。

発表会では、横浜スカーフ親善大使のお二人からのアレンジ術や、
市内の有名ホテルが提供するシルク素材を使ったスウィーツ&カクテルの試食会も。

10月20日(日) 一般公募モデル審査会
横浜市中区の神奈川新聞本社で一般公募モデル選考会が開催されました。

書類選考を通過した43名は、着物への熱い思いをスピーチしウォーキング審査へ。
親子三代、二代と受け継がれた着物や、伝統的な技を駆使したもの、ファッショナブルなデニム、振袖などひとつ一つに物語りの詰まった衣装を身に着け、凛と美しく、また可憐に選考会に臨んでいました。

そして、プロモデルと共演する12名が決定。

本番までにウォーキングやスキンケア・メイクセミナーが用意され、当日の衣装が決まります。
全国の産地から集まる「着物」を纏うステージが楽しみです。

きものファッションショー「日本の美を愛でるin横浜」は、11月24日(日)に横浜市開港記念会にて開催されます。
是非、会場へお越しください!
詳しくはこちらのブログ、ワミレス公式ホームページ「Infomation」をご確認ください。

【チケット発売開始!】横浜絹フェスティバル 日本の美を愛でる in 横浜

2019.10.17

絹の素晴らしさを伝えるイベント「絹フェス」が今年も開催されます。横浜市中区・西区の各地で行われるさまざまなイベントを通して「絹」の素晴らしさが発信され、メインイベントのきものショー「日本の美を愛でる in 横浜」のメイクサポートにワミレス ラスティング ビューティーが参加。きものショーの会場は、横浜三塔の一つ「横浜市開港記念会館」。横浜のシンボルの地で、着物、絹の美しさを共に発信します。

是非、開場へお越しください!

<きものショー詳細>
◆日時:2019年11月24日(日) 15:00~/17:00~
チケット:1,800円(税込)
◆会場:横浜市開港記念会館
◆メイク:ワミレス ラスティング ビューティー
ヘア:エアーエンターテイメント

◆詳細はこちらまで

トピックスの更新

2019.10.10

トピックスの更新を行いましたので是非ご覧下さい。

●フェイス イノセント レイヤーのPV

●フェイス イノセント レイヤーのHOW TO動画

少しずつ肌寒さを感じるこの時期にぴったり!「エアリーストール」

2019.10.09

 

 

夏の猛暑もひと段落し、ようやく秋らしさを感じられる気候になってきました。冬支度の時期もきっとあっという間に訪れます。

オリジナルグッズプレゼント「エアリーストール」は、これからの時期にぴったりのアイテム。2017年の登場より、ご好評の商品です。

 

このストールを手がけるのは、世界で活躍するファッションデザイナー 瀬田一郎氏。

東京モード学園卒業後、渡仏。ジャン・ポール・ゴルチェ社などで経験を積み独立後、株式会社シィディア設立。翌年レディースブランド「setaichiro」をスタート。海外有名ブランドのクリエイティブディレクターやブランドデザイナーを歴任。女性らしさを引き立て、身に付けた時の心地よさと美しさにこだわるその世界は、多くの女性を魅了しています。

今回、瀬田氏よりストールのおすすめポイントを伺いました!

『このストールは通常では編む事の出来ない柔らかい糸を水溶性のビニロン糸と一緒に編む事によりストール状の形にする事を可能にしました。これを60度以上のお湯で、ゆっくりとビニロン糸を溶かし、柔らかな風合いのみを残しています。

また、1本の糸の撚りが一方方向に撚っているためお湯で溶かされている間に台形に変型してより長く巻き易い形状になります。

ふくらみがあり、ふわっと軽く仕上がっていますので、バックに1枚いれておいていただければ肌寒い日の首もとや室内での肩掛け、膝掛け、夏の冷房対策にも万全です。

シルバーグレーやグレージュは男性にも人気のある商品で、私自身も2枚とも使用させていただいております。是非、男性の皆様にもおすすめしてください。』

 

1枚あると重宝する無地のストール。着こなしのアクセントに、冷房対策や陽射し対策に、また様々な巻き方を楽しめます。

是非この機会に、1枚ゲットしてみてください♪

【終了】<チケットプレゼント>紫舟チャリティーアート展 「Feel-Love Project」

2019.10.04

※こちらのチケットプレゼントは数に達しましたので終了いたしました。

 沢山のご応募誠にありがとうございました。

 

書家・アーティストの紫舟様がJ-POPのラブソングから珠玉のフレーズを集め、

アート作品で表現した作品展「~紫舟が表現する詩集(うた)の世界~Feel-LoveProject」のチケットを

ペアで先着50組の方にプレゼント致します。

ご希望の方は応募窓口までメールにて、ご連絡ください。

※ご当選者にはメールにてご連絡をさせていただきます。

 

◆会場:日本橋三井二号館 1階 特設ギャラリー

◆会期:2019921日~1020

◆時間:12時~20時 *最終日のみ15時まで

※ライブパフォーマンス 928日(土)

◆公式ホームページ https://feellovepj.jp

 

ご希望の方は氏名、ご連絡先(郵便番号、住所、電話番号)を明記の上、

こちらのメールにご連絡ください。

応募窓口hansui@wamiles.co.jp