WLBブログ

フジサンケイビジネスアイ「日本の美を愛でる」by wamilesが発行されました

今回の「日本の美を愛でる」はコロナの影響で、以前に葉山で撮影された写真が掲載されています。

時を経ても紫陽花と和装女性との写真は、みずみずしく美しく心に写りますね。

今回はその美しい紫陽花に思いをはせ、こんな時期にお勧めのメイクデザインをご提案させていただきます。

紫陽花と言えば「紫」や「青紫」。

上品で美しいパープル系カラーでちょっと大人な「紫陽花メイク」です。

紫系のメイクは“透明感”が表せることが魅力で、儚げな印象を与えるカラーが「繊細さ」と「女性らしい色気」を演出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アイシャドウ:アイホール全体にラベンダーをふんわり入れる

       目の際に添ってボルドーを入れ、ぼかす

       バイオレットを細いブラシで目尻から5mm伸ばして入れる

チーク:グローオンブラッシュのピンクを頬に少し斜めに入れ、

その周りをグローオンブラッシュのオレンジでぼかす

リップ:ロータスピンクの上にリップグロス(フェアリーピンク)を掛け、艶を出す

 

梅雨時期の憂鬱な気分を、キレイな色のアイテムを使ってリフレッシュしましょう!